オフィスウエア製造卸のセロリー(岡山市)は2日、大阪市内で19秋冬向けファッションショー&展示会を開き、 上質感のあるチェック柄を配しながらもイージーケア性を持たせた新作ウエアなどを披露した。

 新作の「プレシャスシャドーチェック」は、深みのある繊細リッチな経糸に、 ナチュラルな膨らみがあり仕立て映えする緯糸を掛け合わせた生地を使って上質感を表現しつつ、 ポリエステルとすることでイージーケア性も両立させた。ネービーとブラックの2色展開。 他にも好調な編み地製品や、制菌加工、抗ウイルス加工を施した機能性オフィスウエアなどの新作を披露した。

 引き続き、東京展を5日、渋谷区のルミネゼロで、岡山展を8日、岡山市の同社レソルテで、 福岡展を18日、福岡市のグラナダスイートFUKUOKAで開く。東京展と福岡展はショーも併催。
 

 2019年7月4日(木) 繊維ニュース 5面

















ページのトップへ